LXDZXY ポット 寮ミニ鍋 ポータブルミニラーメンクッカー 最大41%OFFクーポン 迅速な麺炊飯器 2L多機能電気炊飯器鍋 11357円 LXDZXY ポット、寮ミニ鍋、迅速な麺炊飯器、ポータブルミニラーメンクッカー、2L多機能電気炊飯器鍋 ホーム&キッチン キッチン用品 鍋・フライパン 特殊鍋 おでん鍋 LXDZXY ポット 寮ミニ鍋 ポータブルミニラーメンクッカー 最大41%OFFクーポン 迅速な麺炊飯器 2L多機能電気炊飯器鍋 11357円 LXDZXY ポット、寮ミニ鍋、迅速な麺炊飯器、ポータブルミニラーメンクッカー、2L多機能電気炊飯器鍋 ホーム&キッチン キッチン用品 鍋・フライパン 特殊鍋 おでん鍋 11357円,/apsychia5197699.html,ホーム&キッチン , キッチン用品 , 鍋・フライパン , 特殊鍋 , おでん鍋,LXDZXY,ポット、寮ミニ鍋、迅速な麺炊飯器、ポータブルミニラーメンクッカー、2L多機能電気炊飯器鍋,www.nite.mg 11357円,/apsychia5197699.html,ホーム&キッチン , キッチン用品 , 鍋・フライパン , 特殊鍋 , おでん鍋,LXDZXY,ポット、寮ミニ鍋、迅速な麺炊飯器、ポータブルミニラーメンクッカー、2L多機能電気炊飯器鍋,www.nite.mg

【日本限定モデル】 LXDZXY ポット 寮ミニ鍋 ポータブルミニラーメンクッカー 最大41%OFFクーポン 迅速な麺炊飯器 2L多機能電気炊飯器鍋

LXDZXY ポット、寮ミニ鍋、迅速な麺炊飯器、ポータブルミニラーメンクッカー、2L多機能電気炊飯器鍋

11357円

LXDZXY ポット、寮ミニ鍋、迅速な麺炊飯器、ポータブルミニラーメンクッカー、2L多機能電気炊飯器鍋

あなたの満足は私たちの最大の追求です。ご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください.24時間以内にお返事します。

LXDZXY ポット、寮ミニ鍋、迅速な麺炊飯器、ポータブルミニラーメンクッカー、2L多機能電気炊飯器鍋

ポール・マッカートニーやビートルズから、野球・観光・コロナまで個性的で気楽な内容、そして、ゆかいな仲間達(NA ドリーマーズ)が集う「ゆめ参加NAブログ」です。 コメント投稿をご希望の方は、ブログ画面の日付の下にある「吹き出し」マークの右側の数字をclickして下さい。自由参加のブログです。
0

”ザ・ビートルズ写真展&ライブ・イベント" 2021年12月18日より、大阪・心斎橋で開催!

オフィシャル写真集『ザ・ビートルズ:Get Back』発売を記念して


(上記写真は東京会場です)

ドキュメンタリー作品「ザ・ビートルズ:Get Back」配信公開 オフィシャル写真集『ザ・ビートルズ:Get Back』発売を記念して”ザ・ビートルズ写真展&ライブ・イベント"を2021年12月に大阪で開催いたします。

約50点以上に及ぶ写真パネルとオフィシャル写真集『ザ・ビートルズ:Get Back』や関連書籍、ドキュメンタリー作品「ザ・ビートルズ:Get Back」公式商品、クリスマス限定デザイン公式商品など最新商品も販売いたします。

期間中、写真展の他にインストア・ライブやイベントも予定しています。

■大阪会場 / 心斎橋オーパ 6F 特設会場 (大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目4−3)
  期間 / 2021年12月18日(土)~26日(日)
  営業時間 / 11:00~21:00

■両会場入場無料

■企画・制作 / 株式会社JAMSHOPPING

■協力
株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
世界最長の歴史を持つビートルズ専門店「GET BACK」
日本最大規模のRock&Entertainment公式グッズ・ストアPGS
ビートルズのチカラ!実行委員会
「ビートルズ大学」宮永正隆(音楽評論家)
Dining&Music Live Bar ヒアカムズザサン



ビートルズ大学学長:宮永 正隆(みやなが まさたか)特別講義+サイン会

【大阪会場】入場無料
 12月18日(土)特別講義①/15:00~16:30(90分)+サイン会
 12月19日(日)特別講義②/13:30~15:00(90分)+サイン会
 ※①、②の講義内容は、異なります。


大阪会場 椅子席は30席となり、それ以上は立ち見となります。

当日、オープン時~特別講義30分前まで、レジにて椅子席の整理券を「ビートルズ来日学」ご購入の方に配布いたします。椅子席の整理券が、全て配布になりますと立ち見となります。
※本をご購入いただいてないお客様も参加可能ですが、本のご購入者様が優先入場となります。会場スペースや感染防止策の関係上、観覧しづらい場合もございます。ご了承ください。
※開始時間の10分前にイベント・スペースまでお越しください。

宮永 正隆
1960年生まれ。金沢市出身。音楽評論家。

ポール・マッカートニー、ヨーコ・オノ、ショーン・レノン単独取材や、公式ジョンレノン・ミュージアム展示品解説の執筆、世界最高峰の公式データブック「コンプリート・ビートルズ・レコーディング・セッションズ・完全版」(マーク・ルーイスン著)の日本版監修を手がける。

膨大な知識と愛情に裏打ちされた骨太なビートルズ論は評価も高く、講演、TV、ラジオ、活字で発信するその評論活動は「ビートルズ大学」という総称で浸透している。

著書「ビートルズ大学」(アスペクト刊)は、そのクオリティが高く評価されNYに本部を置く「国際音楽文献目録」登録の栄誉を受けている。
著書「ビートルズ来日学」(DU BOOKS刊)は、アマゾンのベストセラー1位(海外ロックポップス)に5回輝き、桑田佳祐氏は連載時から愛読するばかりか自作曲「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」を書き上げたきっかけであると様々なインタヴューで語るなど、各界で高く評価されている。
2016年最優秀出版物賞(ミュージック・ペンクラブ・ジャパン音楽賞)受賞。

YYONGAO レストラン壁画W40cm * H50cm幸せな生活を絵画リビングルームをペイントポーチ小新鮮なディストリビューションボックスを塗装北欧ランダムストップデコレーション 壁画



明日、行きま~す!楽しみです!!

0

ニューヨークに残るビートルズ史跡10選 ~ 5. Forest Hills Stadium

5. Forest Hills Stadium

On August 28 and 29, 1964, the Beatles gave two performances at Forest Hills Stadium in Queens to 16,000 fans. After arriving at JFK Airport at 3 a.m., the Beatles were driven to the Delmonico Hotel on Park Avenue. It was alerted that a fan had pulled Ringo’s St. Christopher medal from his neck, which was later found and returned. To get to the stadium, they took a private helicopter, but the pilot did not have permission to take off. Thus, the Beatles arrived later than expected and took to the stage at 9:50 p.m.

The Beatles performed the standard 12-song set they used for the U.S. tour, including “Twist and Shout,” “She Loves You,” and “A Hard Day’s Night.” The performance was completely sold out, with extra seats added, and the audience was kept from the stage by an eight-foot barbed wire fence.



5. フォレストヒルズスタジアム

1964年8月28日と29日、ビートルズはクイーンズのフォレストヒルズスタジアムで2回の公演を行い、1万6千人のファンを魅了した。午前3時にJFK空港に到着したビートルズは、パーク・アベニューのデルモニコ・ホテルに車で移動した。その際、ファンがリンゴの首から聖クリストファー・メダルを引き抜いたとの通報があったが、後に見つかって返された。スタジアムへは自家用ヘリコプターで向かったが、パイロットが離陸の許可を持っていなかった。このため、ビートルズの到着は予定より遅れ、ステージに立ったのは午後9時50分であった。



ビートルズは、"Twist and Shout"、"She Loves You"、"A Hard Day's Night "など、全米ツアーで使用した12曲のスタンダード・セットを披露した。この日の公演は完全ソールドアウトで、座席も追加され、観客は8フィートの有刺鉄線フェンスでステージから遠ざけられていた。




0

ポールの実弟マイク・マッカートニーによる写真作品シリーズ

ポールの実弟マイク・マッカートニーによる写真作品シリーズ



「ファミリー」だからこそ撮ることができた素顔のビートルズ。
リバプールでの初期のビートルズを撮影し続けたポールの弟、マイク・マッカートニー。
当時のオリジナル・ネガから自身で歴史的な写真をセレクションし、プリントした貴重な作品シリーズ「マイク・マッカートニーズ・アーリー・リバプール」が生まれました。すべての作品はミュージアム・クオリティでプリントされ、マイク・マッカートニーによってサインされています。
ビートルズのデビュー60周年を迎える今、「ファミリー」だからこそ撮ることができた素顔のビートルズ・フォトをお届けします。

Mike McCartney's Early Liverpool

ザ・ビートルズ・クラブ
ポールの実弟マイク・マッカートニーさんによる写真作品シリーズ「マイク・マッカートニー・アーリー・リバプール」。




0

Peter Jackson が語る ‘Get Back’ On ‘Something About The Beatles’ Podcast

Peter Jackson Talks ‘Get Back’ On ‘Something About The Beatles’ Podcast

Jackson had been a fan of the podcast and he himself tracked down Rodriguez for a special three-hour conversation covering Michael Lindsay-Hogg’s goldmine of footage.

Peter Jackson, the acclaimed film director of the critically lauded Beatles documentary Get Back was the featured guest on Robert Rodriguez’s Something About The Beatles podcast.



ピーター・ジャクソン、「サムシング・アバウト・ザ・ビートルズ」ポッドキャストで「ゲット・バック」を語る

ジャクソンはこのポッドキャストのファンであり、彼自身がロドリゲスを探し出し、マイケル・リンゼイ=ホッグの金鉱を網羅する3時間の特別対談を行いました。

ビートルズのドキュメンタリー映画『ゲットバック』の監督として高い評価を得ているピーター・ジャクソンが、ロバート・ロドリゲス監督のポッドキャスト「Something About The Beatles」にゲストとして出演しました。

監督はこのポッドキャストのファンで、自らロドリゲスを探し出し、マイケル・リンゼイ=ホッグの金鉱のような映像や、新シリーズの約8時間の放送時間にはまだ収まりきらない情報をカバーする3時間の特別対談に臨みました。また、ゲストとして、Let It Beプロジェクトを詳細に検証しているブログ「They May Be Parted」のダン・リブキン(Dan Rivkin)が参加しています。

ロドリゲス監督は、この会話を1時間ずつの3つのエピソードに分けました(ピーター・ジャクソンの伝統にのっとったものです)。第2話は12月13日(月)に公開され、最終話は12月19日に公開される予定です。(ピーター・ジャクソンは、この番組に再び参加することに興味を示しており、特別ゲストを招く可能性もあります)。

エピソード1では、ジャクソンがブルーレイの発売を、早ければ2022年に予定していること、そして約8時間のカットをすべて収録することを明かしています。
また、今、人々が賞賛している2021年の作品は、1969年にリンジー=ホッグが捉えた作品があってこそ実現したものだと指摘し、終始マイケル・リンジー=ホッグを擁護しています。

第2話では、これまで価値がないと思われていた映像やテープを、AIによって、雑音や雑談の下に埋もれていた会話を突然明らかにする技術的な挑戦について、ピーターは詳しく述べています。ジョージが辞めた後、ジョンとポールが、自分たちが話していることはプライベートなことだと信じて、率直かつ真剣に話し合っている場面は、このことを如実に表しています。この話し合いの様子をこっそり録音したテープは、銀食器の音や周囲の雑音に埋もれて聞き取れないと長い間思われていた。ピーターの革新的なテクノロジーの使用により、この聖杯のような瞬間が突然明るみに出たのです。

第3話の最後には、これらのセッションが参加者によって事後的にどのように語られたかにかかわらず、彼らの友情がいかに損なわれていなかったかを論じている。また、スニークピークリールの意図や、フルピースのドキュメントのような雰囲気を出すことを意図していないことについても触れています。最後にジャクソンは、ドキュメントから必然的にカットされたいくつかの場面について言及し、拡張カットの機会が訪れたときのために、それらをどのように記録しているのかについて述べています。

Peter Jackson Talks ‘Get Back’ On ‘Something About The Beatles’ Podcast